2008年10月28日

はじめの一歩

宮田が一歩との対戦を捨ててまでいどんだランディー戦晴れ
圧倒的なスピードでランディーを翻弄する宮田は目指す究極のカウンターである見えないパンチを放ちパンチ
ランディーからダウンを奪う。第3ラウンド勢いに乗る宮田はKOを奪おうとするが、なぜか倒すことができないたらーっ(汗)

焦る宮田・・・
逆にランディーはその両腕利きの強さを発揮しはじめるどんっ(衝撃)

屈指のカウンター使いだった自分の父を破り引退に追い込んだ両腕利きのボクサーひらめき
その息子であり同じ両腕利きのランディーを倒し、父そして自分の強さを証明しようとする宮田はランディーに勝つことができるのかexclamation&questionexclamation&question

今回ついに宮田のマックスがでたどんっ(衝撃)

フェザー級とは思えいスピードやしあせあせ(飛び散る汗)テクニックパンチ

フェザー級でも速いけど宮田は速すぎっしょあせあせ(飛び散る汗)

ランディーはなすすべなくコーナーに張り付け状態わーい(嬉しい顔)
このまま終わるかと思われた矢先にゴングが鳴ってランディーは救われたひらめき

ゴングがあと少し遅かったらランディーはやられてたと思うねふらふら

いよいよ次回が決着か5
とも思うけどランディーはまだまだこんなもんやないと思うし、こっからなんかどんどん挽回してきそうな感じがするんやでどどうやろかexclamation&question
こんなんでランディーが負けるとは思えんのやけど宮田にも勝ってほしいから最後はぎりぎりの勝負でもいいんで宮田の勝利で終わってほしいいねふらふら

そして一歩と戦ってほしいパンチ
posted by マンガ大好き人間 at 23:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮田には、勝って欲しいですが、多分、ここからランディーの猛追が、始まると思います。

漫画の展開にしては、あっさりしていますよね

間違いなくこの後の展開は、宮田が、苦戦する展開が、なんとなく読めて来ます。

一歩VS宮田戦も見たいけど、多分これをやってしまうと「はじめの一歩」の連載が、終わってしまうようで、早く見たいような…見たく無いようなな…
「う〜ん、複雑です」
Posted by ケイ係長補佐 at 2008年10月29日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。